結婚後も勤めやすい医療事務という資格

スポンサーリンク

医療事務とは
当たり前ですが簡単に言えばクリニック、病院、調剤薬局などでの事務業務です。
受付や会計の仕事の中で、特にレセプト点検が中心となります。
レセプトとは医療機関が医療費を受け取る為の請求書のことです。
国内の医療機関すべてがこのレセプトにより医療費を受け取ることができるのです。
この医療費はすべて点数により初診料、注射、飲み薬など各項目が算定されます。
この各項目それぞれが点数に違いがあるので、こういったレセプトの点数や書式などを勉強することになるのです。
ただ、医師や看護師と違って資格がなくてはできないといった仕事ではありません。
でも、医療事務の求人があったとき、まったく何も知らない人より、医療事務の資格を持っているのが有利なのは間違いありません。
その意味でもこの資格を取っておくべきだと思われます。

医療事務の資格の特長
医療事務の仕事内容は日本国内どこでも同じないようです。
結婚したり、引っ越ししてもどこにでも、病院や診療所はあるでしょうから職につきやすいです。
また、一度覚えてしまえば、どの医療機関でも初日から戸惑うこともないでしょう。
特にパートなどでも働きやすいので、主婦になってからも仕事が探しやすいと言われています。
医療事務は受験資格はありません。どなたでも資格取得できます。
また、試験は毎月行われているので一度や二度落ちても大丈夫。
落ちたら来年まで待たなくてはならないということがないので安心。何度でもチャレンジできます。

スポンサーリンク

参考サイト
医療事務を取得するための講座一覧
各講座の内容を比べる為に資料(各講座ともに無料)を取り寄せてみることをお勧めします。
医療事務の講座案内を無料一括請求

スポンサーリンク