情報

クレジットカードはどのカードを持てば良いのか?

更新日:

クレジットカード

社会人となり、もう大人としてクレジットカードの一枚も持っていたいと考える人も多いでしょう。

あるいは通販の支払いや各種料金の支払いにクレジットカードのみという場合のところもあります。こんな時もあわてずにすむようにクレジットカードの一枚ぐらいは持っておきたいものです。

クレジットカードとは便利なものです。その場で現金を持っていなくても買い物ができ、通販などで銀行口座からの振込手数料を取られずに支払うこともできます。おまけに、ポイントなどが付きほんの少しですが利益の還元をしてくれます。

一部でクレジットカードの情報が洩れ、悪用され自分で購入した覚えがないのに請求されたという話もあり、怖いと感じる人もいるかもしれません。でも、大丈夫、そういった事が起こったとしても、クレジットカード会社が補てんしてくれます。

これは以前、自分が経験したことなのですが、あるお店でクレジットカードで支払いをしたのですが、そのカードをスキミングされ(情報をコピーされ)偽造カードで利用されたことがあるのですが、実際にはこちらで支払わずにすみました。カード会社が弁済してくれたのです。これはどのカード会社でもそういう対応をしてくれます。だから安心してクレジットカードを作ってください。

さて、ではどのクレジットカードを持てばよいのか?

VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、Diners Club(ダイナースクラブカード)、American Express(アメリカンエキスプレスカード)など大手ではこの辺でしょう。

VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)は一般的なカードとして幅広く利用されています。

Diners Club(ダイナースクラブカード)、American Express(アメリカンエキスプレスカード)はいわゆるお金持ちのクレジットカードです。年収がある一定の額でなければ加入できませんし、年会費も高いです。いつかはダイナースカード、アメリカンエキスプレスのカードをと思う人もいるでしょう。

大丈夫、十分な収入もある、高額の年会費もOK、という人ならぜひ持ってください、一種のステータスになるでしょう。

まあ、一般的にはVISA、マスター、JCBの3つだと思います。

この3つのうち、どれを選ぶかですがそれほど違いはありません。扱い店舗も大きくは違わないです。イメージ的に好きなものを選べばよいでしょう。ちなみにJCBだけは日本初のカードです。でも、もちろん日本だけでなく世界中で使うことが出来ますのでVISAやマスターと変わりはありません。

年会費も各社ともに一般カード(ゴールドカードとか特別カードでないもの)は1,350円(税込)です。

ここで年会費というものができてきます。通常、クレジットカードで買い物をしても手数料というものは取られません。現金と同じ金額で買い物ができます。ただ、クレジットカードの利用料、年会費というものをカード会社に払わなければなりません。

普通の一般カードが先に書いたように1,350円(税込)、いろいろと特典が付くプレミアムなカード(ゴールドカードなど)が10,800円~数十万円まで。

利用してもしなくても年会費は払わねばいけません。

いや、そんなもったいないというなら企業と提携したカードを選ぶという方法があります。

例えば、楽天カード、ニコスカードなどです。これら企業と提携したカードは年会費無料です。楽天カードは上にあげたVISA、マスター、JCBすべて提携していますので、どれでも好きなカード会社を選べます。しかも、使い勝手はまったくそれら3大カード会社と同じように使えます。ただ、大きくカードに本体にRAKUTENと表示され、いかにも無料のカードだとわかってしまうのですが。

ここで考えてみてください。

大の大人なので年会費1,350円ぐらいなら払って純正のVISA、マスター、JCBを持つべきではないか。楽天やその他企業のマーク、ロゴ入りの無料カードなんか恥ずかしくはないのか?(見栄っ張り?)

やがてはダイナースやアメックス(アメリカンエキスプレス)のゴールドカードを持ってみたい(見栄です。)ものだと考えるのなら純正カードを持つべきなのでは。

私はそう考えます。

もちろん、これは個人の感想です。

大事なことだからもう一度書きます。

個人の感想です。

※参考までに公式サイトのリンクを貼ります。

三井住友VISAカード

楽天カード

-情報

Copyright© 役立つねのブログ , 2019 All Rights Reserved.